看護師転職・求人サイト【2018】

看護師転職・求人サイトをランキング形式で詳しく紹介!

【看護師の派遣転職】派遣として働くメリット・デメリット

看護師の働き方と言えば、一般的にはいわゆる正社員としての雇用をイメージされる方が多いかと思います。

事実、病院やクリニックなどの医療機関にしても、介護福祉施設などの介護保険施設においてもこれまでは、正社員(常勤)として看護師を募集している事がほとんどでした。

 もし、正社員(常勤)ではない場合、パートやアルバイトといった非常勤での雇用になるかと思います。

 

しかし、近年の派遣による人材紹介事業の盛り上がりによって、看護師の世界でも派遣社員として働く人が増えてきています。

派遣で働くってメリットなのデメリットなの?という人のために、看護師派遣の実態を解説していきます。

 

まずは派遣とは?パートやアルバイトとの違いは?

常勤ではない看護師としての働き方の例として、派遣とアルバイト(パート)があります。

 

この二つの働き方は、一見似ているようにも思えるかもしれませんが、まったく異なります。

 

 「アルバイト(パート)」は勤務先の病院(施設)の募集に直接応募して、採用選考の末、直接雇用契約を結びます。

一方の、「派遣」は派遣会社と雇用契約を結び、実務を行う病院や施設に派遣され、派遣先からお仕事内容の指示を受けます。

 

実際に働いている現場を見ただけでは、アルバイトなのか、派遣社員なのかの区別は外部の人間からつきません。

 

この二つの違いは、「雇用主がどこか?」というだけの話であり、アルバイトは実際に働く病院と、派遣は派遣会社と雇用契約を結びます。

 

看護師としての業務については派遣だから制限が出るなんて事はなく、あくまでも派遣先からどういった仕事を与えられるかによって決まります。

 

そして、給料の支払いについても、アルバイトは実際に働く病院から貰い、派遣社員は、派遣会社から貰う事になります。

 

派遣として働く看護師のメリット・デメリットは?

収入面・給料について

勤務地にもよりますが、派遣で働く看護師さんの時給は高い傾向にあります。

月収ベースでみると、正職員と比較しても遜色ありませんし、単純に時給換算すると派遣の方が高い場合も結構あります。

特に、その差が色濃く出るのは、日勤のみの勤務の時かもしれません。

 

看護師の給料の全国平均は、他の職種よりも高い傾向にありますが、これは夜勤あり・休日出勤ありの看護師の年収が平均年収を引き上げているためであり、日勤のみの働き方だと一般的な収入よりもむしろ低かったりします。(地域差あり)

 

また、常勤看護師として働いている場合、仮に年収が高くてもサービス残業が多くて、時給換算すると、酷い額になっている人も多くいます。派遣社員の場合は、残業が発生した場合、勤務した時間分は、派遣会社からそのまま給与として支払われるのでサービス残業という概念がありません。

また8時間を超える残業が発生した場合や、夜勤で22時以降の勤務が発生したときは、割増時給となり、さらに時給が上がります。

 

派遣で働いた場合、日勤のみでも月収30万円以上という求人も数多くあります。ちなみに、同じ病院や施設に働くにしても、直接雇用のパートやアルバイトの看護師よりも高時給となっている事が多いです。

一概に言い切るのは難しいですが、収入面・給料についてはメリットの方が大きいと考える事ができます。

 

働く期間について

これは、メリットと考えるか、デメリットと考えるかは人それぞですが、一人の派遣社員を一つの会社に派遣させ続ける事はできず、有期雇用となります。

実は、有期雇用である事が高時給にも繋がる理由にもなっています。

派遣として派遣先の病院・施設で働けるのは、労働者派遣法で最長3年と決められています。

それ以降は、別の病院や施設などに派遣先を移すか、正社員に切り替えて働き続けるかの選択となります。もし、辛くて辞めたい場合でも3年頑張れば、次に移動と考えると、少し気楽になるかと思います。この有期雇用は、人間関係の悩みで病院を転々としてきた看護師に人気があります。

正社員に切り替えるという場合は、雇用主を派遣会社から実務を行なっている病院・施設に変える事を意味します。派遣社員として働き続けるには、3年での移動となり、そのまま残るのであれば、派遣社員を辞めなければいけません。

 

つまり、もし同じ病院・施設で3年以上続けて働いた後、キャリアを積み重ねていきたいなら、その派遣先に常勤看護師として雇用されるか、派遣元と無期雇用派遣契約を結ぶか、派遣先を変えて同じ業務で働き続けるかのどれかを選ぶことになります。

もちろん派遣先で正社員になれるかどうかは派遣先の病院・施設しだいなので、自身はその意思表示をするのみで、必ずしも採用されるという保証はありません。

 

派遣看護師の一番のデメリットは有期雇用の解釈次第

派遣は、派遣会社から守られているので、サービス残業や休日出勤させられるなどのタダ働きされるリスクはなく、給与面からも好条件で働けると考えて良いと思います。

派遣としての働き方のデメリットを考える場合、有期雇用をどう解釈するかにかかってきます。

約3年というペースで、色々な病院は見て周りたいと考える人や、勤めてみて人間関係が悪ければすぐに移動したい、という看護師にとっては好都合ですが、もし「良い職場に出会えた!」となっても、有期雇用となっているので、3年以上の派遣継続はできません。

この点の解釈次第で派遣として働くデメリットの大きさが変わってきます。

 

看護師派遣のメリットは?

時給の高さなどの「給料面」以外の派遣社員として働くメリットとして挙げられやすい事は以下の通りです。

  • 自分の希望する条件で働ける
  • 業務以外の事をお願いされる煩わしさがない
  • 人間関係の悩みが少ない
  • 色々な職場や業務内容を経験できる

これは、派遣という働き方が柔軟性に長けていると言い換える事ができると思います。

 

女性看護師の場合、バリバリで働いていたとして、結婚・出産・育児などのライフイベントによって、働き方の変更を余儀なくされる可能性が多々あります。自身の都合以外にも、配偶者や子供、両親の都合によって働き方の変更を余儀なくされることもあります。

環境の変化の中でも、これまで積み重ねてきた経験とスキルを活かして看護師の仕事を続けていきたいという人に、希望条件にあった仕事を豊富な情報の中から探せる派遣は、多くの看護師に支持されています。この「柔軟さ」が「派遣の魅力」というわけです。

 

派遣が良いのか常勤看護師が良いのかという排他的な議論をする必要はなく、「派遣」のメリット・デメリットを理解した上で、自分のライフイベントや環境変化に合わせて、上手に利用できるのが理想です。

 

妊娠を機に常勤看護師を辞めて一旦、出産・育児に専念し、子供が保育園に通うようになると、お子さんを預けて派遣で働きながら仕事と育児のバランスをとり、子供が大きくなったタイミングで再び常勤看護師に戻るという方も増えています。

女性が自分を取り巻く環境に合わせて、無理なく活躍できる仕事を探せる柔軟さが、派遣で働く大きな魅力です。

 

看護師の派遣に対応した転職サイトを利用すれば、派遣の仕事は非常に探しやすいです。派遣に興味のある方におすすめです。

 看護師転職・求人サイト【2017-2018】 看護師転職・求人サイトの最新ランキングをお届け!

当サイト「看護師転職・求人サイト」では、看護師の転職サイト選びに役立つ情報を提供しています。転職サイトのランキング表記は全て当サイト「看護師転職・求人サイト」の総合ランキングの順位となっています。転職サイト選びにお役立てください。